思い立って図書館に行ってきました

昨日、思い立って図書館に行くことにした。理由は、先週、たまたまkindleで買った本をみて思うことがあったからである。その本は「経済的な自由人を目指す」という内容の本であった。「経済的自由人」というのはなんなのか?これを聞くと、億万長者などのセレブになるには?という話に感じるかもしれないが、実際にはそういう話ではない。「経済的自由人」というのは、仕事やお金に対し束縛された生活を送っていない人たちのことをいう。ただし、この方々は、セレブというわけではなく、生活的には一般の市民とごくごく一緒。給料も中級層のそれと一緒である。ただ、仕事を好きな時にやり、お金も常識の範囲であれば自由に使える人たちのことをいうのである。こういった生活を常々理想としている私としては、是非真似したいことである。その本を読み進めている中で、面白いことが書いてあった。そういった「経済自由人」というのは、日に1時間程度は必ず「本」を読むというのである。「単なる本好き」という話ではなく、「本」による知識習得がもっとも効率が良いからだそうだ。現在の生活は、IT時代となり非常に便利な世の中である。とはいえ、自分にとってためになることが簡単に手にはいるかというとそういうわけではないということであった。その典型となるのが、「教養」であるとのことであった。確かに今の時代「教養」を得ようがなんであろうが、テレビでもネットでも簡単に手にはいる時代である。しかし、本当に効率が良いのだろうか?例えば、テレビの歴史番組を1時間見るのと、その関連の本を1時間読むのとではどのくらい効率が違うかという話である。実は、前者は、楽であるが効率的でない場合が多い。というのもこういった番組は、誰にでもわかりやすくするため、そして、番組としておもしろくするため、1時間では大した情報が入っていないのだというのである。これは、確かにそうで、私には目から鱗の状態であった。そして、とにかく、本を読もうと思ったのである。とはいえ、毎日1時間本を読むとなると、非常にお金がかかる。そこで思い立ったのが、図書館で本を借りることである。図書館は無料で本を借りられる。行ってみたら普通に本屋にあった本がわんさかあります。当たり前ですが個人的に結構な盲点で得した気分になってます。こちらもおすすめ>>>>>xn--lipstick-ss4ga90b4bz214e9luf.xyz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です