50代で人生の大きな転換点を迎えた今やるべきことは・・・

50代も半ばになると、人生の残り時間が刻一刻と減っていくのを実感します。
これまでの自分の人生を振り返ってみると、常に仕事が中心にありました。
そしてその仕事を失うことを何よりも恐れていたため、クライアントの無理な要求にも何とか応えようとしてきました。
今までIT技術者としてやってきましたが、最近の技術の進歩にはついていけないと感じています。
幸い今は大企業に正社雇用されているという立場なので、こういう状態でもすぐに「会社員」という職を失うということはありません。
しかし、IT技術者としての「仕事」は、無くなりつつあります。
私の経歴で入れるITプロジェクトを見つけるのが困難になっているのです。
今までシステム開発やメンテナンスの仕事に、手を抜いていたわけではありません。
ただ、仕事をこなすだけで精一杯で、自分の中のイノベーションができていなかったことが、今の状況に繋がっていることはわかっています。
とはいえ、悪いことばかりではなく、後悔する必要はないと思っています。
仕事がなくても直ちに生活に困る事態に陥らないのは、これまで自分がコツコツと積み上げてきた、主に忍耐による成果と言えます。
そして今私は、人生の大きな転換点を迎えていると言えるでしょう。
高齢になってもIT技術者としてやっていくのは、やはり無理があると思いますが、老後も何らかの仕事を続けていきたいと思っています。
高齢でもできる仕事を考えた場合、ライターという職業が浮かび上がりました。
文章を書くという仕事なら、ずっと続けていけそうですし、元々興味のある仕事でした。
文章を書くということは、自分の生きた証を残せる可能性があるというところに惹かれるものがあります。
幸いにも、インターネットの普及で、プロのライターになるためのハードルも下がっていると思います。
問題は、私自身が新たな職を手に入れるために、どこまで優先順位を上げて取り組めるかということでしょう。
そして、何にどれだけのものをいつ投資するかを見極めることが重要だと思っています。引用:http://xn--purereine-uu4hmp6cvksdul.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です